QLOOKアクセス解析
イメージ画像

保険相談は1度だけで
有料と思ってませんか?

保険コネクト

保険コネクト

①保険相談した人の約90%が満足!

②日本全国各地の保険のプロ在籍!

③経験豊富で高評価のプロのみを厳選!

④しつこい勧誘など営業行為の禁止!

⑤イエローカード制度!

⑥細かな審査基準!

保険コネクト口コミ・評判

評判

保障内容はそのままで保険料が安くなりました。・・・

評判

保険に関する不安を解消できました。・・・

評判

今までと違った提案を頂き、保障内容が充実しました。・・・

評判

ライフプランに合った見直しが出来ました。・・・

口コミから実績を探る。保険コネクト口コミについて

◇納得するサービス会社を見つけるには

生活スタイルの変化や価値観の多様性に対応するように、保険も加入者が選ぶ時代になってきました。とは言っても複数の会社の保険を比較検討するには、それなりの時間と労力が必要ですよね。


この比較検討対象となる保険の選定をサポートしてくれるサービスとして、無料の保険相談を利用する人が増えています。このサービスでは、保険の専門家であるFP(ファイナンシャルプランナー)のアドバイスを無料で受けることができて大変お得で便利です。


ただし、FPのスキルによって、結果が大きく左右されてしまうため、どこに相談するか最初の見極めが肝心とも言えます。スキルの高いFPを紹介してもらえるかどうか、見極めるのに口コミを確認することは、大いに参考になります。


◇相談する目的を明確にしておきましょう

それでは、この口コミをチェックするときに、どのような点を確認すればよいのでしょうか?


まずは、あなたが「無料保険相談サービス」を利用する目的をはっきりさせておきましょう。保障内容を見直してより保障を充実させたいのでしょうか?それとも保険料の削減を最優先させたいのでしょうか?あるいは、将来の生活設計を見直したいのでしょうか?


◇目的にあった相談実績があるか確認しましょう

目的がはっきりしたなら、口コミの中に、あなたの目的にあったものがあるかどうか確認しましょう。口コミが見つかったなら、その口コミを裏付けるサービス体制が取られているかどうか、確認してみてください。


例えば、自分にピッタリの保険を選びたいと思っている人にとって、取り扱い可能な保険の種類や数量が少ない場合は、その人の目的は達成されない可能性も。


◇保険コネクトの口コミ

それでは、最適な保険のFP(ファイナンシャルプランナー)を紹介してくれると評判の「保険コネクト」の「口コミ」を見てみることにしましょう。


「保障内容はそのままで、保険料が節約できた」と言ったコメントや、「保険料はそのままで、保障内容を充実させることができた」、「現在加入している保険が保障内容、保険料ともに適切だと確認でき、不安が解消された」と言った、非常に満足度の高い意見が見られます。


現在加入している保険の保障内容と保険料が適切かどうか診断してもらえ、適切であればそれで終了するのであれば、無理に保険を勧められることもなさそうですので、安心して気軽に相談できそうです。


◇口コミを裏付ける体制

満足度の高いコメントをご紹介しましたが、それらが実際に行われるために、「保険コネクト」がどういう体制を取っているのか見てみましょう。


FPそれぞれの得意分野を把握し、相談者のニーズに合ったFPを紹介する体制を取っているようです。保険の種類は4,000種類と言われていますので、FPの得意分野を把握していることは、欠かせない要件と言えそうです。


◇まとめ

保険コネクト口コミについて見ていきましたが、「保険コネクト」が、相談者とFPの橋渡し的役割を担っていることは、口コミを通してよく理解いただけたのではないでしょうか?相談者のニーズに合った保険探しには、相談者にピッタリのFP探しが重大なようです。

保険コネクトの相談手順

より申し込み


②日程や場所のご相談


③担当FPと保険相談


④ご提案


⑤保険の申し込み


利用するメリットは何?保険コネクトメリットについて

◇保険コネクトの得意分野とは?

これまで何度か保険の見直しを行ってみようとしたけれど、途中で止めてしまった経験はありませんか?


保険はその種類の多さ、必要な知識、保障内容の専門性、適用条件の複雑さから、自分一人で行おうと思っても、なかなか難しいのが現状です。


効率的に保険の見直しを行い、ピッタリの保険を探すためには、保険に詳しいFP(ファイナンシャルプランナー)に相談するのが一番と言えます。


保険の悩みを解決したい相談者にピッタリのFPを紹介することが、「保険コネクト」が最も得意とすることと言えます。


◇保険コネクトを利用するメリットって何?

それでは、保険コネクトメリットには何が挙げられるのかくわしくご紹介していきます。


☆相談者にピッタリのFPを紹介してもらえる

保険は「誰に相談するか」が大切であると言われていますが、相談者のニーズに合ったFPを紹介することに対して、多数の実績があります。独自の基準をクリアした優秀なFPが多数在籍しているため、相談者のニーズに合った最適なFPを紹介することができます。


☆FPの高い質を保つための制度を採用

また、FPの高い質を保つためにイエローカード制度を採用しています。この制度下でのFPは、お客様からの評判が悪かったり、クレームが多くなったりすると除外されてしまいます。そのため、優秀なFPのみが、相談者への紹介対象となります。


☆FPの審査基準

更に、「保険コネクト」から紹介対象となるFPには、独自の審査基準をクリアすることが必須になっています。必須基準としては、以下の基準が設けられています。


1)経験5年以上

2)インターネット上の口コミ等による悪評調査

3)保険を紹介した実績を持っている

4)自身のホームページを所持


これらの基準をクリアしたFPのみが紹介対象となります。また、執拗な勧誘などの営業行為は禁止となっていますので、安心して無料相談を受けることができます。


☆公平な立場でFPを紹介してもらえる

更に、「保険コネクト」は、提携しているFPと公平なパートナーシップを結んでいるため、特定のFPを勧めることはありません。相談者に最適なFPの紹介が行われます。


☆最適な保険をより早く探すことができる

提携しているFPが取り扱う保険の数が多く、経験・知識共に豊富なため、複数の保険の中から相談者に最適な保険をより早く探し、提案することができます。取り扱い数が少ない場合は、相談者の要望に合わないというミス・マッチが起こってしまうことも…


☆保障内容等の詳細な説明を受けることができる

相談者の相談内容を得意分野とするFPが紹介されるのであれば、保険の見直しの成功確率は相当高くなりそうです。また、保障内容や保険適用条件に対する疑問にもキチンと答えてもらえ納得した上で保険を契約することができます。


◇まとめ

「保険コネクト」が提供する「無料保険相談サービス」のメリットについて見てきましたが、まずは、相談者とFPのマッチングを最重要課題と見ていることがお分かりいただけたのではないでしょうか?


このマッチングこそが、「保険コネクト」を利用する最大のメリットなのかもしれません。

違いや見るべきポイントを知っておこう。保険コネクトデメリット

◇保険コネクトの特徴とは?

「保険コネクト」のサービスの特徴として、相談者とFP(ファイナンシャルプランナー)とのマッチングに重きを置いている点が挙げられます。


確かに相談者の要望をヒアリングし、的確に把握し、最適な保険を提案するのは、全てFPに負うところが大きいと言えます。そのため、もし、同じ相談内容を違うFPに相談したとしたら、提案される最適な保険に若干の違いが出てくる可能性もあります。


◇提案内容の違いがあることを理解しておく

FPによって、知識や経験に違いがあるのは、当然の事です。ですので、Aさんの提案内容と、Bさんの提案内容が違ってくる可能性があることは、理解しておくことが大切です。


保険を見直すにあたって、複数の保険を比較検討することにばかり目が行ってしまいがちですが、実は、最大の鍵を握っているのはFPだということを覚えておいてください。


◇保険コネクトを利用するデメリットとは?

それでは利用に際し、保険コネクトデメリットや注意点は何かを考えていきましょう。


☆違う視点が必要な場合も

保険は「誰に相談するか」が大切であると言う考え方に基づいて、相談者のニーズに合ったFPを紹介することに重きを置いていますが、紹介されたFPの提案内容や説明に納得できないときには、ベスト・マッチでない場合もありますので、担当FPの変更を依頼することも必要です。


担当FPを変更してもらうことによって、違う視点に立ったより良い提案を受けることもあるかもしれません。


☆目的を明確にしておく

どのサービス会社を利用する場合にも言えることですが、あくまでも相談者の要望に応じた的確な保険を提案することが、FPから提供されるサービスになります。


保険料は同じで保障内容を充実させたいのか、保障内容は同じで保険料を安く抑えたいのか、と言った目的を事前に明確にしておくことが大切です。


どの保険に加入するか決めるのは、相談者自身になります。目的が曖昧なままですと、その時は良くても、せっかく、保険の見直しを行ったのに、また見直しが必要になってしまうことにもなりかねません。


また、FPからの提案内容に納得できない場合は、何度でも再提案を依頼できますが、目的がぶれてしまうと、いつまでたっても決めることができないまま…という事態になってしまうこともありそうです。


☆保障の空白がないように気をつける

保険の見直しを行って、新しい保険に移行する際、現在加入している保険の解約時期と、新しい保険の保障開始時期について注意が必要です。


加入必要書類が全て揃わなければ、保障は開始されません。古い保険の解約時期については、新しい保険の成立日を確認してから行うようにした方が良いかもしれません。


◇まとめ

「保険コネクト」を利用するデメリットについて考えてみましたが、いずれも保険の見直しを行う際には、どの会社のサービスを利用しても、共通して注意が必要なことではないでしょうか?


保険の見直しによる切り替え時期に思いがけない落とし穴ができてしまうことがありますので注意が必要です。

保険相談ランキング

このページの先頭へ