イメージ画像

保険の相談で遭遇しがちな“不愉快”なこと

ある程度の年齢になれば「入っておこうかな?」と考える人が多い保険。しかし、その詳しい内容について知っている人はそれほど多くありません。そのため、資格を持ったプロや勧誘員が相談に乗ってくれるわけですが、中には不愉快な思いをすることもあるので注意が必要です。


たとえば、まだ内容についてよく分かっていないのに、強引に契約を勧められること。契約をとるごとに給料が上がる勧誘員の中にはとても押しの強い人がいるものです。


「今この保険に入っておかないと、将来病気になったときお金が足りなくなって大変ですよ!」 と言われてしまうと、つい不安になってそのまま契約をしてしまうケースが多いのですが、本当は必要ない保障内容まで含まれていて保険料が高かったり、保険が下りる条件について詳しく説明してなかったりと、なにかとトラブルが多いのが実情なのです。


また、こちらが保険に関して素人なのをいいことに、上から目線の態度で接したり、他の保険会社のことを悪く言ったりするケースも目立ちます。


保険というものは、それを買う消費者側にとってはいざという時に経済的な不安を減らしてくれる救世主のような存在です。一生の間に払い込む金額も決して少なくありません。


だから、どの保険に決めるのかはとても重要なこと。肝心の相談相手が信用できる人でなければ、とてもその保険に入りたいとは思えないでしょう。 厄介なことに、保険は知人からの紹介で話が回ってくることも多く、嫌だと感じても断りきれないところも問題です。


しかし、勧誘員の中には、真剣にお客のことを考えてプランを練っている人もたくさんいます。こういう人は一度ついたお客が離れず、そこからまた新しい人を紹介していただくという形でどんどん収入を増やしていますが、その立場に甘えず、一人ひとりのために骨身を惜しまずに働くので信頼されるのです。


もし、相談に乗ってくれた勧誘員を「嫌だな」と感じたら、その場で契約せず「少し考えます」と言って断りましょう。相手も生活がかかっているのでかなりしつこく連絡してくると思いますが、そこで負けてしまうと必要のないものに大金を投じることになります。


良い勧誘員に出会えないのなら、公平な立場で紹介してくれる無料の相談窓口に行くのもひとつの方法ですよ!

保険相談ランキング

このページの先頭へ