イメージ画像

子供がいる家庭の保険料……負担が大きいので見直したい

夫婦二人だった時に比べて、子供が生まれるとなにかとお金がかかります。親として生活費や学費の面で不自由させるわけにもいかないので、生命保険や学資保険に入る人も多いと思いますが、この負担が大きく、家計を圧迫しがちなのが現実です。


いくら保障内容が魅力でも、保険料を払うために食費を削ったり、レジャーを我慢したりするのは本末転倒。子供にとって、家族との思い出はなによりも大切です。少しでも保険料を低く抑えて、日々の楽しみにもお金を使えるように工夫してみましょう。


まず生命保険ですが、夫が健在でちゃんと収入があり、じゅうぶんな死亡保障を受け取れる保険に加入していれば、妻の死亡保障は必要ありません。万が一の事故や病気に対応する掛け捨ての保険に入っていればそれで十分でしょう。


そして、意外と多いのが一人で複数の生命保険に加入しているケース。知人に勧められて断れなかったり、将来が不安で少しでも保障を手厚くしたかったりと理由はいろいろですが、よほど扶養家族が多いわけでもない限り、生命保険は一社分だけで十分です。もちろん、保障内容が薄ければ意味がないので、よく検討して納得できるものを選んでください。


学資保険は、子供がまだ小さいうちに加入すれば、それだけ月々の支払いを安く抑えることができます。年齢が進むにつれて満期までの期間が短くなり、ひと月に払い込む金額が大きくなるので、入るなら早めに検討しましょう。


また、計画的に教育費を貯めることができていれば学資保険は必要ありません。メリットとしては、夫にもしものことがあればそれ以上保険料を払わなくても良いことと、確実に貯まるので貯金が苦手でも教育資金が確保できることぐらいで、商品によっては元本割れも珍しくないので、これらのメリットに魅力を感じなければ無理に入らなくても良いでしょう。


なぜなら、学資保険は生活が苦しい時期もずっと払い続けねばならず、金額を減らすことも難しいからです。普通の貯金ならば苦しい時期は金額を調整して、余裕のある時に多めに貯めるということもできるので、長い目で見れば子育て世帯にはこちらのほうが楽です。

保険相談ランキング

このページの先頭へ