イメージ画像

外資系企業で保険の見直し、信頼度は?

通販型自動車保険は「国内損保」と「外資系」の企業に分かれます。外資系にはアメリカンホーム、アクサダイレクト、チューリッヒなどすっかり日本でも耳馴染みになった企業も含まれます。


そもそも1997年、保険の自由化を受けて日本で最初に通販型自動車保険を始めたのはアメリカンホームでした。その為、今日でも電話やインターネットで見積もりをとる通販型自動車保険=外資系のイメージが根深く残っています。


では、通販型において、外資系企業は国内損保と何が違うのでしょう。 基本的には外資系といえども、日本で営業する以上は日本の保険業法に基づく営業運営を行っているので、規約やサービス、言葉の面で国内企業と大きく違うということはありません。


外資系だと対応がドライといったマイナスイメージや保険の支払いがスピーディーで、保険料が安いというプラスのイメージを持たれやすいです。先にも述べましたが外資系企業=通販型自動車保険なので、この点は国内損保の通販型自動車保険と変わりないでしょう。


また、せっかく保険を掛けていても、日本と金融事情が違う為、破綻に対して信用がないのではないかと思われがちです。ちなみに国内における保険会社の保険市場シェアランキングは以下のようになっています。


  • 1位.ソニー損保
  • 2位.三井ダイレクト
  • 3位.アクサダイレクト
  • 4位.チューリッヒ
  • 5位.そんぽ24

上位5位中、2つは外資系企業です。この結果からも分かるよう、外資系企業は国内市場でも既に市民権を獲得しています。


世界最大投資情報機関の一つであり、企業や銀行等の金融機関の信用力の調査研究を行い、格付け機関として知られるスタンダード&プアーズが外資系保険会社についても格付けを行っています。


その結果では、アクサダイレクト、アメリカンホーム、エース損害保険、ゼネラリ保険会社、チューリッヒアクサダイレクトなどメジャーな保険会社がA以上の評価を受けています。(A~Dの段階評価、またAはAAAを最高位とし7段階設定されている)


以上のことより、外資系企業であっても通販型自動車保険としては国内企業とほぼ同レベルとして考えて良いでしょう。まずはお見積もりをして、特約や保険料の確認をされてみてはいかがでしょうか?

保険相談ランキング

このページの先頭へ