イメージ画像

「自動車保険の見直し第一歩、契約のベース補償を確認!

自動車保険はシンプルに言えば「基本となる補償」+「オプションの特約」+「今までの運転成績のような等級」で金額が決まります。等級は自分で選ぶことが出来ない為、安全運転を心がけ、無事故無違反を目指す以外、最善の方法はありません。


そうなると残る二つで自分に見合った保険を決めることになりますが、特約に比べて、補償内容はベースとなる部分ですので、手厚く加入しておいた方が良いでしょう。


【相手方への補償】

  • 対人補償
  • 対物補償

この二つは上限金額を設定することが出来ますが、いずれも無制限にしておきましょう。万が一、大きな事故を起こした場合、その賠償が高額になるリスクが高い為です。


【自分や同乗者への補償】

  • 人身障害

これは最低でも上限金額を3000万円程度に設定しましょう。救急車などを利用した際、治療費が高額になる恐れがあります。また、似たような保険で搭乗者傷害保険があります。これは保険料が安いですが、治療内容や日数に対して一定金額が支払われる保険です。自己負担金額が発生することがあるので、人身傷害保険を必ず掛けておくべきです。


【車両保険】

これは自分の車に対する保険です。大きく分けて「一般型」と「エコノミー型」があります。一般型では単独事故や当て逃げに対する車の修理費まで保険がおります。保険料を抑えるなら補償の範囲を限定されたエコノミー型が良いでしょう。


ただし、エコノミー型は他の車との衝突事故に限り保険金が支払われます。 基本的には加入しておいた方が良い補償ですが、近々、今乗っているものを廃車にするつもりであれば、契約を取り下げても良い場合があります。


以上が自動車保険のベースとなる契約内容です。補償については、どれも最低限必要なものになりますので、何かを外して契約するというのは得策ではありません。


また、万が一の時に掛けるのが保険の役割ですから、自身が加害者になった時のことを考え、相手への補償は手厚く加入しておくべきでしょう。


この項目での見直しは、今加入している内容で十分、補償が充実しているか確認しましょう。もしかしたら、保険金を上乗せすることになる場合があるかもしれませんが、万が一の時の為の保険。


ここではもしもの時のことを優先させましょう。また、愛車の乗換を検討されている方は、車両保険の見直しも検討されてはいかがでしょうか?

保険相談ランキング

このページの先頭へ