イメージ画像

保険は難しい!2人に1人ががんに!がん保険に加入して大きな安心を

胃がん、肺がん、乳がんなど死因のトップを占めているがんは、なんと私たち日本人の2人に1人の確率で発症する可能性があるといわれています。がんは、罹患する確率が非常に高い病気だということが分かりますね。


がんは、昔から一度かかると治療が難しい不治の病として知られていましたが、最近は医学の進歩で早期発見・早期治療で完治する確率も格段に向上しました。


しかし、がん治療には入院費や手術費などの費用が嵩み、家計を大きく圧迫することを心配する方も多いのではないでしょうか? このような心配や不安を解消してくれるのが「がん保険」なのです。


がん保険とは、がんのみを対象として保障する保険のことです。 「がん保険は聞いたことがあるけれど、何やら難しそう。」 「がん保険の内容とか、複雑で理解できない。」 という方のために、がん保険の主な保障内容を以下に簡単にまとめてみました。


  • 診断給付金(がんと診断されたときに給付されます。)
  • 入院給付金(がん治療のために入院したときに給付されます。)
  • 手術給付金(手術を受けたときに給付されます。)
  • 通院給付金(抗がん剤などの治療で通院したときに給付されます。)

がん保険はこのように、4つの保障内容がメインとなっていることだけでも理解しておけば、がん保険は難しいというイメージを払拭することができるでしょう。


また、近年は様々ながん保険が保険会社から販売されており、どのがん保険に加入したらいいのかで迷うことも少なくありません。 このようなときは、複数の保険会社からがん保険の資料を取り寄せ、保障内容や保険料などを比較し、自分に合ったがん保険を選ぶようにするといいでしょう。


がんの診断や治療方法は日々進歩し続けています。 がん治療は患者さんの意向も反映され、どのような治療を受けるか患者さんが選択することもできるようになっています。


がん保険に加入していれば、がんと診断されても入院費や治療費などで悩んだり不安になることもなく、安心して治療に専念できますよね。 この機会に、あなたもがん保険の加入を考えてみませんか?

保険相談ランキング

このページの先頭へ