イメージ画像

保険は難しいものです。あなたは何に備えて保険に加入しますか?

生命保険、医療保険、学資保険など何らかの保険に加入している方は多いですよね。 個人で加入する保険は、将来起こるかも知れない様々なリスクに備えるためのものです。


例えば、病気やケガなどで長期間入院することになってしまうと、仕事も休まなくてはならず収入も減ってしまい、入院費や生活費などの支払いに大きな不安を感じることになってしまうかもしれません。


でも医療保険に加入していれば、入院費や治療費が保障されるので安心ですよね。「それじゃ、自分も保険に入っておこうか!」 と、考えていざ保険を選ぼうとすると、たくさんある保険を目の前にして驚くことになるでしょう。


「保険って、こんなにたくさんあるんだあ。」「こんなたくさんの保険の中から選ぶなんて難しい。」と、思うでしょう。 保険選びは確かに簡単なものではありませんよね。


でも保険は、あなたの将来に起こるかも知れない様々なリスクからあなた自身を守ってくれる大切なものなのです。 カンタンな保険選びや安易な気持ちでの加入はおすすめできません。 しっかりと考えて加入したいものです。


保険を選ぶ際には、まず「何に備えるべきか」ということを考える必要があるでしょう。 一家の働き手が病気やケガなどで動けなくなってしまうと、入院・治療費の他に家族の生活にも大きな支障を及ぼすリスクも考えなくてはなりません。このような場合は、病気やケガに十分備えられる保険を選ぶ必要がありますね。


子どもが生まれれば、成人するまでには多額の教育費もかかります。子どもの将来を考えて教育資金を無理なく少しずつ準備しておく必要があるでしょう。


子育てが一段落した夫婦が、2人でゆとりある老後の生活を送りたいと考えるなら、老後資金に対する備えも早い段階から準備しておけば、ゆたかな老後が迎えられますね。


このように、「何に備えるべきか」ということを考えて加入する保険を選べば、保険選びもスムーズになります。 また「備えるべきもの」は、ライフステージに応じて変化するので、就職、結婚、出産、定年退職など人生の節目に保険の見直しを行えば更に安心ですね。

保険相談ランキング

このページの先頭へ