イメージ画像

難しい?医療保険を理解するためのポイント

医療保険は、私たちが病気やケガなどで入院したり治療が必要になった際にかかる、経済的な負担を軽減してくれる保険です。


医療保険とはどんなものなのかについて、このように説明すれば、「あー、なるほどね。医療保険は病気やケガしたときに備える保険のことだね。」と、理解するのは難しいことではありません。


しかし、医療保険に加入するにあたって、保険の内容を調べてみようとしたとき、医療保険の種類の多さや保険内容の複雑さにあなたは困惑してしまうでしょう。


結果、「医療保険、やっぱりよく分からないし、難しくてダメだわ。」と、思ってしまう人も多いのではないでしょうか。


医療保険の内容は、定期保険や終身保険などと比較するとその仕組みが複雑になっているため、「理解できない。」「難しい。」と感じてしまうものです。


例えば、病気やケガで入院した際に支払われる保険金の金額の違いや支払い条件の違いがあげられます。ある医療保険では入院初日から5,000円が支払われるのに対して、別の医療保険は所定の期間入院すると10,000円が支払われる、という条件の違いがあります。


更に、医療保険には特約やらオプションなどが多数あって、どの特約やオプションをつけたらいいのかでも混乱してしまいますよね。


複雑といわれている医療保険ですが、ポイントを押さえておけば医療保険の内容を理解するのはそんなに難しくはないはずです。 そのポイントをご紹介しましょう!


①保険期間(期間指定があるのかないのか?)

②入院給付金の日額(入院した際の給付金額は1日いくらか?)

③ 1回の入院での支払い限度日数(1度の入院で、入院給付金は何日が上限か?)

④特に備えたい病気(手術が必要な病気やがんなどの病気に備えたい場合の特約は?)


これら4つのポイントを押さえておいてから、医療保険の内容を確認すれば、複雑な保障内容もスムーズに理解できます。そして、迷ったときや分からないことがあったときには、遠慮せずに保険の窓口や保険ショップの無料相談をどんどん利用しましょう!


医療保険への理解を深めることができて、マチガイのないあなたにピッタリの保険が見つかるはずですよ。

保険相談ランキング

このページの先頭へ