イメージ画像

保険相談のメリット・デメリットについて

保険相談のメリット・デメリットを語る前に、ファイナンシャルプランナーには独立系と企業系がある事を知っておいてください。そして、ここで取り上げる保険相談は独立系に関するものです。


簡単に、独立系と企業系について説明しますと、企業系というのはある一つの会社に属するファイナンシャルプランナーという事です。例えば、明治安田生命とか日本生命などの1つの会社に属してるという事です。


逆に独立系とは、どこの企業にも属さないまったくの独立したファイナンシャルプランナーの事を言います。多くの保険代理店などにおられるファイナンシャルプランナーは独立系です。


この事を踏まえて、保険相談のメリットは、沢山の保険会社の中から自分に合うかも知れない保険を選ぶ事が出来る事です。そして、各社の良い点悪い点を比較して選ぶ事が出来るからメリットはあります。


自分の状況にあった保険を沢山の中から比較して選ぶ事ができるのです。ファイナンシャルプランナーは、お金のプロでありアドバイザーです。


家族構成などを考え、収入や支出などその時の状況に合わせ保険を選んでもらえるので、無理なく保険料が払え生活が出来るようにアドバイスをしてくれますし、提案をしてくれます。


保険相談窓口は、現在沢山のサービスが乱立しており、選べる立場にあります。また、いつでもどこへでも保険相談が出来やすくなっており、この点はメリットに値すると思います。


ただ、良い事ばかりではありません。デメリットもあります。保険相談をするためには、自分のプライバシーな部分も相談員に伝えなければなりません。


家族構成や現在の収入について、またはどういった事にお金を使ってるのかまたは生活費などどれほどかかってるのかなどを伝えなければなりません。もしかしたら、借入金があるなど伝えたくない部分も言わなければなりません。


なぜ、こんな事を聞くのかと言うと、ファイナンシャルプランナーは、その家庭の収入から支出などを考慮にして、どの保険が適してるか考えなければならないからです。


無理なく保険料を毎月支払ってこそ、保険相談をした価値があるのです。 また、すべてのファイナンシャルプランナーがあなたにとって良い方とは限りません。


人間である以上、相性などがあります。また、良い相談員と言われてる方であっても、自分に合わなければ良い結果は生まれません。


出来れば、いろんな相談員に相談して総合的に考えてみる事も必要かと思います。そんな事があるためデメリットになってしまっています。


しかし、企業系のファイナンシャルプランナーですと、1社のみの保険ですから種類にも限りがあり、自分に合ってない保険を提案されるケースがあると思います。


その点からも独立系のファイナンシャルプランナーに相談した方が良い結果が生まれる可能性があります。これは確定的な話ではありません。自分にとってどのケースがいいのかは最後に決めるのはあなたなのです。


サブコンテンツ

保険代理店ランキング

このページの先頭へ