イメージ画像

保険相談へ行きづらい!しかし今はしつこく営業されることはない

保険の更新時期がくると、これまでの契約内容のまま更新して良いか悩む人も多いのではないでしょうか。


保険に加入した当時は、それが最新の保障内容だったとしても、時間の経過とともに内容も古くなり、新しい保険商品に比べると、保障内容が充実しておらず、しかも新しい保険商品のほうが、料金が安くなっていることもあります。


できれば更新までに、保険相談を受けて悩み解決したいと思うところですよね。


最近では気軽に保険のことを相談できる保険ショップが数多くありますが、何となく行きづらいと感じている人も少なくないようです。


保険ショップで保険相談をしてみたいと思っても、しつこく勧誘されそう、相談だけで済まずに契約させられるのでは?などといった不安の声も多いようです。


また、保険商品そのものが難しくて、相談に行っても理解できるか分からなかったり、知識がないことを逆手に、高額な商品をすすめられるのではないかといった声もあるようです。


スタッフの質が向上しています

保険ショップの質にもよりますが、保険相談を行ったお客様に対して、しつこく勧誘をしたり、何度も電話営業をしてくることは、まずありません。


保険ショップは保険会社が直営していることもありますが、保険代理店が運営していることも多く、何よりも在籍しているスタッフの給与制度が大きく改善されたため、しつこい営業をすることもなくなりました。


以前は代理店の営業マンは歩合制の給与が多かったため、自分の成績をあげるために、しつこく営業してくることも少なくありませんでした。


保険ショップの場合、給与が歩合制ではなく、報奨金などの制度を取り入れていることが多く、一定の給与が保証されているため、スタッフも無理な勧誘をする必要がありません。


また、保険ショップは保険の乗り換えや新規加入を真剣に考えているお客様が来店するので、スタッフが無理矢理勧誘をしなくとも、お客様のほうが最初から契約を考えていることもあります。


こうした環境の変化から、スタッフは営業に力を入れるのではなく、保険商品への知識の習得や、お客様とのコミュニケーション能力を高めることに力を入れており、しつこい勧誘は見られなくなりました。店舗によっては、ファイナンシャルプランナーを在籍させていることも多いようです。


店舗に出向くことに抵抗があるお客様でしたら、Webサイトから相談することや、電話相談をすることも可能です。何となく保険ショップには行きづらいと考えている場合、まずは気軽に電話相談をしてみることをおすすめします。

保険への加入はプロに相談を

社会人になったときや家族環境に変化があったとき、保険への加入を考えるきっかけになるものです。特に結婚や出産が近づくと、保険の大切さを実感しますよね。


新しく保険へ加入しようと思うときや保険の見直しをする場合、悩み解決するには、やはりその道のエキスパートに保険相談をするのが一番です。


保険商品は知識がないと難しいため、自分でネットで調べてみても、今ひとつ理解しづらいと感じることがあります。保険に加入する場合、保険商品単品の内容だけで決めてしまったり、金額だけで決めてしまう人もいるのではないでしょうか。


保険の仕組みはとても難しいものです。できれば保険ショップなどで保険相談をしたほうが、自分に適した保険に加入することができます。ここでは、いろいろな保険相談の悩みについて、紹介していきます。


保険相談の悩み その1

保険相談で多く見られるのが、今現在加入している保険内容が自分に合っているかどうかということです。


最初に保険に加入するときは、その当時の自分にとって最高の保障内容の商品を選んだつもりでも、年数が経つと保障内容も当然古くなってきます。


保険商品は常に新しい商品が開発され、販売されます。更新の都度、できれば保障内容を見直し、特約でカバーする、または乗り換えを考えるなど対策したほうが良いでしょう。


保険相談の悩み その2

最近では金額の安いダイレクト保険に注目が集まっています。しかし、ダイレクト保険に対する不満や不安な気持ちを相談されるお客様も少なくありません。


ダイレクト保険は代理店型保険と異なり、保障内容が単純化されているので、お客様が契約する際に分かりやすいのがメリットの一つだといえます。


営業を介さないのと無店舗で営業しているため、それだけ経費が削減することができるので、保険商品のコストを下げることが可能です。


しかし、それなりに保険の知識がない人がダイレクト保険に加入するのは、あまりおすすめできません。保障内容を理解していないと、いざというときに保険金が支払われないなどといった思い違いによるトラブルが発生することもあります。


また、ダイレクト保険は掛け捨てタイプがほとんどのため、貯蓄を優先したいと思う人には不向きなタイプの保険になります。


保険相談の悩み その3

保険ショップに行くと、ある一定の会社の保険だけをすすめられないか、不安に感じるといった悩みを抱いている人もいます。


一般的に保険ショップとは、複数の保険会社の保険商品を取り扱う保険代理店舗になります。複数の保険会社からお客様に適した保険商品をおすすめするので、一つの保険会社の商品だけをすすめられることはありません。


多くの保険会社と代理店契約を結んでいる保険ショップに行くと、商品を選ぶ選択肢が増えます。

サブコンテンツ

保険代理店ランキング


このページの先頭へ